会津でグラフィックデザインのお仕事。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
翻弄。
親しくしていた友人が
おととい沖縄に渡りました。
自主避難です。
彼の仕事は放射能を最も吸収する「苔」を扱うこと。
人の心を癒すための作品が
人を脅かすものに
すり替わってしまったのです。
彼のような職業は多分そうはいないと思う。
会津の山の風景をミニ盆栽に凝縮させ
心和ませてくれた
その作品はもう見る事ができなくなってしまいました。

放射能の影響はあるかもしれないし無いかもしれない。
その答えはわかりません。

苔を扱う職業上、放射能に関してはかなり徹底していて
はじめのうちは影響のない遠方の苔を計測しながら制作していたようですが
やはり限界が見えてきたようなのです。

彼は那覇で今、新たなステップを踏むためのスタート台に乗ったところ。
会津では随分と(剪定も教えていただいたし)お世話になり
デザイン等、お世話もした。沖縄の植物を使った新作にも期待が膨らむ。


ここにいることの危険性も訴えていた。
確かにそうだ。毎日の放射能の値が元通りになるのは
何十年も先になりそうだ。
今4号機が崩壊したら「終わり」だということもある。

沖縄は今、福島県の住民をかなり手厚く支援している。
航空代、一ヶ月食事付きホテル滞在、2年間アパート代(家電付)
全て無料です。

避難とか、放射能のことは、何故か口に出しちゃいけない雰囲気になっているのは
否めません。今、目立った健康被害が無いからなのでしょう。
私が喘息になったり、蕁麻疹になったりしたのも多分免疫低下。
ストレスだとしても放射能の低いところへ行って浄化することは必要かなと思う。

今朝の情報で、ローテーションで短期避難させようという動きも出てるらしい。
是非、そうなって欲しいと願ってやまないのです。


山都のカフェ「千」の教室で作ったミニミニボケの苔玉。
まだまだ元気よく咲き続けてます!

趣庵さんのブログはコチラです。
http://cocemaru.jugem.jp/









 
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://d-clip.jugem.jp/trackback/179
<< NEW | TOP | OLD>>